タグ別アーカイブ: 渡辺つぶら

木村浩之個展、成田朱希・内藤瑶子による2人展、渡辺つぶら雑誌掲載などなど、人人会作家のお知らせ

7月〜8月にかけて開催される人人会作家の展示情報をご紹介します。暑い最中、湿度も高いと大変ですが、ぜひぜひご高覧下さいませ。


◉「ArtWork7  木村浩之 日本画展」

36937014_1611883008937439_8033397793550761984_n

  • 2018年7月19日(木)~7月25日(水)10:00~19:00 最終日は17:00閉場
  • 渋谷・東急本店8階美術ギャラリーにて(〒150-8019 東京都渋谷区道玄坂2-24-1TEL & FAX / 03-3477-3111)
    • (個展DMより)日本の国技相撲を題材にした絵画をはじめ、ユーモラスなテラコッタの力士像、そして美しい日本の風土を繊細なタッチで描いた風景画の数々を展示いたします。

渡辺つぶら「少々異端派なアートマガジン、ExtrART(エクストラート)」に掲載。

『ExtrART file17 』「説話的世界へようこそ」にて作品が掲載されています。「豊満な日本の神様たちが生き生きと演じる物語」と文章を志賀信夫さんが書いて下さっているそうです。

つぶらさんはWEBマガジン“Bonjour 50’s”アートギャラリー」コーナーに記事を執筆されていますので、ぜひこちらもあわせてご覧ください!

ExtrART file.17 (FEATURE:説話的世界へようこそ)
アトリエサード (2018-06-25)
売り上げランキング: 155,409

 


◉パークホテル東京 ART colours Vol.26 「ー井の底ー 成田朱希×内藤瑶子 展」

vol24_l (1)

  • 2018611()-92()11:0020:00
  • パークホテル東京25F/31Fラウンジ(汐留)にて
    日本の四季をアートと共に楽しむ展示会ART coloursの第25弾として、成田朱希×内藤瑶子「井の底」展が開催されます。パークホテル東京のアーティスト・イン・ホテル プロジェクトでそれぞれ「芸者金魚」「鯉」という魚の名の客室を制作して人気を博している二人の作家によるコラボレーション展です。(パークホテルのウエブサイトより)

宿泊の方以外でも入れます。お気軽にお越しくださいませ。新橋駅から歩いてすぐ、共同通信ビルの25階からがパークホテルになります。


◉「第9回うちわと風鈴展」2018.7.4(水)~ 7.14(土)会期中無休

木村浩之、郡司 宏 、古茂田杏子、田端麻子、内藤瑶子、西川芳孝(敬称略)、また前回の人人展に参加してくださった宇里香菜さんなど沢山の人人関連作家が参加しています。

うちわ

ギャラリーアビアントにて(〒130-0001東京都墨田区吾妻橋1-23-30リバーピア吾妻橋1F


◉亀井三千代、馬籠伸郎ほか 第7回 座の会展『座2018』Avant-Garde

去年もご紹介した「座の会」。パンフレットの文章↑も素晴らしかったので、ご一読をおすすめします!

以下座の会WEBサイトより)座の会は、20代から70代の日本画・漆技法などの作家、現代美術系作家によるグループ展です。7/21(土)には美術評論家の野口玲一氏・藤田一人氏をお招きして出品作家と車座になりギャラリートークとオープニングパーティーを行います。

会期 : 7月21日(土)〜8月1日(水)
★7月26日(木)休館
会場 : O美術館 (JR線・りんかい線 大崎駅から1分、大崎ニューシティ2号館2階)
アクセスマップ : http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000001500/hpg000001414.htm
TEL : 03(3495)4040
時間 : 10:00〜18:30 (入館は18:00まで)
★最終日16:00まで

《イベント① : 7月21日(土)》
★13:30~15:30 ギャラリートーク (ゲスト 藤田一人・野口玲一氏氏を交え出品作家と車座トークを開催します。)
★16:00〜18:00 オープニングパーティー

《イベント② : 8月1日(水)》
★最終日にシークレットゲストを加えたゲリラトークを行う予定です!さて誰が来るのか?お楽しみに!


(記載のない場合、文責ないとう)

木村浩之個展、成田朱希・内藤瑶子による2人展、渡辺つぶら雑誌掲載などなど、人人会作家のお知らせ はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: 人人会ほっとにゅ〜す, 人人会関連作家の活動紹介

「第42回人人展」終了しました。

2018年3月25日(木)~31日(水)東京都美術館・1階第4展示室にて行われた「第42回人人展」ならびに特別陳列「顔」、盛況のうちに終了いたしました。
会場まで足を運んで頂いたお客様、ご協力いただいた中村正義の美術館をはじめ、ご出資いただいたギャラリー・画廊の方々、作品をお貸しいただきました羽黒洞、その他関係者の方々にあらためて感謝申し上げます!

目録: 第42回人人目録(pdf)


人人展ダイジェスト

今回の特別陳列は「顔」。人人会の中心的な創設者でもある日本画家・中村正義の著書『創造は醜なり』に収録された「絵はすべて自画像」というエッセイからインスピレーションを受け企画されました。会場となった入り口メインブースには、中村正義と佐熊桂一郎らによる物故作品、出品者有志を合わせた33名による作品42点が展示されました。

 

(「顔」の展示会場の様子)

 

また図録では、パステルなどを使用した中村正義作品をキービジュアルに使用し、スピンオフ企画として出品者の大野、内藤によるエッセーを掲載、初日にはギャラリートークも催されました。

 

(ギャラリートークの様子。顔各出品者の話を聞きながら、お客様と共に「顔」の展示会場を廻りました。左から内藤瑶子、大野俊治、自作を解説する渡辺つぶら)

 

従来、人人展では追悼展や回顧展など、主に個人の業績に焦点をあてた特別陳列が企画されてきました。今回の「顔」は、その流れの中では新しい試みであり、先代の文章を読みながら各作家が考え、呼応していこうという「人人だからこそ」の企画でもありました。

出品作品は具象・抽象問わず、また平面から立体まで、それぞれ独特の技法や素材が用いられており、自画像、お面をモチーフにしたもの、解剖スケッチ、張り子、時間の経過や記録性を取り入れたもの……などなど、作家による多様な解釈が散見され、各作家の独自性が「顔」というモチーフを通して感じられる展示となりました。

🔷

中村正義の文章にある「絵はすべて自画像(のよう)になるのではないか?」という「自画像」は、文字通りの自分を描いた「自画像」 とは意味合いが異なる上、本企画のモチーフ自体は「顔」。さまざまなキーワードが錯綜する挑戦的なテーマだったと思います。

2018年「人人の顔」を感じていただけたなら幸いです。

来てくださったお客様やご協力いただいた皆さまのご意見ご感想を励みに、そして出品者同士の議論も糧にしながら、これからもチャレンジを続けますので、どうぞご期待くださいませ。


 

通常展示は、2人の新しいメンバー(呼びかけ会員)を加えた合計34人の出品者が、各人5m前後の壁面スペースに展示を展開しました。特別陳列、追悼展示の作品を含めると137点(シリーズ作品は1点と数える)の作品が集い、今年も賑やかな展開となりました。

 


小品展「小さな人人展」

今年も湯島の画廊・羽黒洞ご協力の上、小品展「小さな人人展」が開催され、また昨年に引き続き「人人句会」が行われました。

(皆さま楽しむことに夢中で記録写真がなく、掲載できないのが残念!だれかお持ちの方いらっしゃいましたら、是非ご一報くださいませ。)

(文責:人人会WEBサイト担当・内藤瑶子)


「第42回人人展」終了しました。 はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: 人人展セルフレビュー, 人人展情報アーカイブ

「第42回人人展」開催のお知らせ

hitohito2018banner-wordpress

  • 今年の人人展は、例年と場所・会期が変更となっております。ご注意ください。また、月曜日も開場しております。
  • 会期:2018.325日(日)~31日(土)
  • 時間:9301730入場17:00
  • 会場:東京都美術館・1階 第4展示室(上野公園内)(地図はこちら
    会期中無休最終日は14:30入場、15:00まで
  • 入場料:一般500円・学生300円
  • 主催:人人会
  • 図録:500円にて販売予定

特別陳列「顔」

今回、中村正義の著書『創造は醜なり』P10-P11“絵はすべて自画像”というエッセイから着想を得て、特別陳列「顔」という企画が立てられました。中村正義、佐熊桂一郎の作品と参加メンバーの有志も加わり、入口メインブースに「顔」をテーマに作品を陳列、展開いたします。人人創立者の本を読み考察し、後を継ぐメンバーがそれに呼応する、それは人人展でしか実現できない「場」であり、また初めての試みでもあります。

是非ご来場くださいませ。

また、本陳列にともない、人人展図録では中村によるエッセイ本文を紹介するほか、スピンオフ企画として人人会作家による論考も2本収録予定です。人人会関連書籍やバックナンバーとともに会場受付横で販売いたします。あわせてお楽しみいただけたら幸いです。

図録企画の主な内容

◆大野俊治 “face, visage, aspect”

感覚機能が集中する<顔>…<眼>は視覚を司り、<鼻>は嗅覚を司る。<耳>は聴覚を司り、<口>は呼吸や飲食といった生命維持活動にとって最も重要なパーツであり、会話というコミュニケーションに欠かせない役割も併せ持つ。<顔>の筋肉や動作によってつくりだされる<表情>は、他人から見た印象を決定づける。この<表情>は、意図的につくりだすこともできるが、感情と密接に繋がっていることから、完全にはコントロールできない。言語以外のコミュニケーションの主要手段である<表情>には、人間の人格や思想さえも滲み出ることがある。


◆内藤瑶子「『絵はすべて自画像』なのか :私に溶けゆく誰かの「顔」の新たなる鋳造について」

「絵はすべて自画像」か?ーーあまりにも表現主義的、心のリアリズムともとれる中村の文章をときほぐしながら、その問いに内包される個性表現と芸術との関わり合いを考えます。人人会において大きなテーマとされてきた個々の独立した創作活動と自由。これらの理想を担保する「個性」を漠然と賛美するのではなく、その複雑なありように目を向けたいと思います。


 

  • 関連イベント:ギャラリートーク3月25日 14:00〜 大野・内藤ほか
  • 場所:特別陳列会場・第展示室にて開催予定
hitohito42-2018

「第42回人人展」図録 (2018)

(なお、関連書籍はサンプルのご紹介のみとなっております。ご了承くださいませ。)

出品作家

綺朔ちいこ、猪瀬辰男、宇里香菜、太田真理子、大野俊治、大野泰雄、
岡田よしたか、奥津幸浩、小野なな、亀井三千代、木村浩之、久保俊寛、
郡司宏、古茂田杏子、高橋美子、竹内幸子、田端麻子、丹澤和美、
冨樫憲太郎、鳥居洋治 、内藤瑶子、成田朱希、西川芳孝、馬籠伸郎、
美濃瓢吾、箕輪千絵子、宮﨑 優、山川真太郎、山﨑克巳、山崎美佐子、
吉田佑子、米田昌功、LUNE、渡辺つぶら

同時開催:「小さな人人展」

毎年恒例の小品展も開催予定です。ぜひ本展とあわせてご覧ください!

  • 会期:2018.3月25日(日)~31日(土)※会期中無休
  • 時間:11001830  最終日は1500まで 
  • 会場:羽黒洞〒113-0034 東京都文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウン2F

「第42回人人展」開催のお知らせ はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: 人人展情報アーカイブ, 人人会ほっとにゅ〜す, 会からのお知らせ

あるくの从作家見聞記|No.1 亀井三千代展「絵空言」、No.2 渡辺つぶら展

5月末からホームページ上でスタートした、人人会関連作家の活動紹介の試み。それに連なる企画として「あるくの从作家見聞記」を連載いたします。新聞などの媒体で執筆活動をされているフリーライターの山田歩(あるく)さんが、その名のとおり、人人会関連作家の展示をたずね歩き、見聞記を書いてくださるというコーナーです。東京民報文化欄で『第41回人人展』の展評をしていただいたご縁です。

記念すべき初回は、湯島にある画廊・羽黒洞で開催された亀井三千代さんの展示と、東京大学の目と鼻の先、ギャラリー愚怜で開催された渡辺つぶらさんの展示、いずれも個展です。残念ながらホームページでの告知はかなわなかったのですが、どちらも力作ぞろいで好評となりました。

前回のほっとにゅ〜す「小野なな、林晃久、古茂田杏子による展示のおしらせ」でご紹介した3つの展覧会が現在開催中。是非みなさまお誘い合わせの上、各会場へどうぞ!(文責 ないとう)


あるくの从作家見聞記 No.1

◉亀井三千代展「絵空言」
4月17日~27日(2017年)
亀井三千代展「絵空言」会場風景|2017年4月17日~27日、会場:羽黒洞

亀井三千代展「絵空言」会場風景|2017年4月17日~27日、会場:羽黒洞(湯島)

湯島天神前にある画廊・羽黒洞で開催された亀井三千代さんの個展『絵空言』と題されたのは、何故なのだろう。辞書では『絵空事』である。意味は辞書によると「絵は誇張され美化されて描かれているものであること。転じて、実際にはありもしないこと。大げさなこと。」である。何故、「事」を「言」にしたのか。本人に尋ねていないのでよくは分らないが、3月に開かれた从展のカタログで亀井さんはフリンジ16‐2という作品の説明で、「フリンジ」とはファッション用語でマフラーやクッションの端についているフサのことですが、もう一つ、メインに対する周辺という意味を持ちます。作品「フリンジ」はメインである身体の輪郭に対して2次的に現れるイメージです。しかし作品が完成されていくにつれどんどんメインに取って代わる。メインと「フリンジ(周辺)」の転倒こそが私の制作方法です。と語っている。

私は以前、彼女に性の「忄」ついて一本の縦線の周辺を二つの点が回転している状態のような説明を受けた。彼女の絵は事柄ではなく言語としての美を、描いているのかも知れないと思った。例えば、右と左、あるいは表と裏、光と影などメビウスの輪のように境界がないのに通底する。心象、いや深層イメージを『絵空言』と題したのではないか。「フリンジ」作品は大胆な女性の足が陰部を中心に大股開きされた構図の絵である。墨、岩絵の具、膠、和紙で描かれている。凝視していると陰部周辺の抽象的な図像が奇妙に動物の姿にだぶって見えてくる。「フリンジ16-1」は龍のように「フリンジ16-2」は猿のように見えてくる。ご本人がこの絵は「猿」と呼んでいると語ってくれたのは楽しい発見だった。彼女は慶應義塾大学文学部哲学科卒業後、東京医科歯科大学で解剖学を学んでいる才媛である。2015年に日本水墨画大賞展で準大賞を受賞している。今が旬な作家であり、彼女の作品のファンは多い。 ●山田歩


あるくの从作家見聞記 No.2

◉渡辺つぶら展
5月18日~27日(2017年) ギャラリー愚怜(本郷)
18839527_492441881098176_4095505814450635266_o

渡辺つぶら展会場風景|2017年5月18日~27日、会場:ギャラリー愚怜(本郷)

東京大学赤門前にあるギャラリー愚怜で開催された渡辺つぶら展はエネルギーに溢れ元気が貰える展覧会であった。ギャラリーのウィンドウ前に展示されている『七福神図』(油彩、キャンバス)を同行した从会のメンバー郡司宏さんと古茂田杏子さんと観た。宝船に乗船し描かれている从会に関わる人たちの似顔絵を観ながら、誰それはこの絵ねと会話して愉しんだ。七福神は福徳をもたらしてくれる神として信仰される七神である。七福神信仰が盛んになった近世中期以降は、恵比寿(蛭子)・大黒天・毘沙門天・弁財天・布袋・福禄寿・寿老人をいう。新年の行事として七福神の社寺を詣でる習慣がある。ギャラリー内には「母なるおっぱい」を見せる大らかな女性像も描かれている。つぶらさんは、遊び心があり小石に絵を描きお御籤としている。一個拾い上げ裏返すと「吉」と書いてあった。

『七福神図』は3月に東京都美術館で開催された从展にも出品されていたので理解していた。しかし、カタログには近江国風土記より題材を取った『竹生島誕生話』が掲載され強烈な印象だった。伊吹山の神、多多美比古命と姪で金糞岳の神である浅井姫命と高さ比べをし、負けた多多美比古命が怒って、浅井姫命の首を切り落とし、その首が琵琶湖に落ちて竹生島が生まれたという話をモチーフに描かれていた。生々しく鮮血が画面に飛び散り人を殺して新しい生命の島が誕生する絵に衝撃を受けた。丁度、その頃、詩人の中原中也の本を読んでいて、中也が少年の頃に詠んだ短歌「人みなを殺してみたき我が心その心我に神を示せり」を思い出した。この歌は親鸞の「ひとを千人殺してんや」を踏まえている。「自分の側にも悪があるならば、彼は人を責めることができない。自分が悪の犠牲者であると感じた時に彼の心は安堵したのではないか。悪の自覚は「神」を示したのではないだろうかと考えていた。神とは一体何者だろうか。つぶらさんの絵に隠された命には奥深いものがあると感じずにはおれなかった。●山田歩


次回もお楽しみに!

あるくの从作家見聞記|No.1 亀井三千代展「絵空言」、No.2 渡辺つぶら展 はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: あるくの人人作家見聞記, 人人会ほっとにゅ〜す