タグ別アーカイブ: 古茂田杏子

田端麻子個展、佐熊桂一郎・古茂田杏子二人展のお知らせ

人人会より、関連作家による10月の後半〜11月前半の展示のご紹介をさせていただきます。田端麻子さんの個展『シーソー』は、現在開催中!〜10月29(日)まで、ご注意ください。羽黒洞では人人会創立メンバー佐熊桂一郎(平成18年没)と現会員である古茂田杏子による展示が開催予定。人人会にとってはこの上ない企画! 恐ろしいほど独特の世界に迫る展示となることでしょう。

特に最近、佐熊桂一郎の画業への取り組み方や生活ぶりへの関心がちらほら聞かれます。画風があまりブレず、毎日決まった時間に淡々と絵を描き続けたことでも知られています。


◉田端麻子個展『シーソー』

o0842059514033258230o0392024514033258401

2017年10月21日(土)~10月29日(日)
11:00〜18:00
〒1810001東京都三鷹市井の頭4-3-17 B1  TEL・FAX: 0422-26-7507

 ギャラリーのブログによれば、「武蔵野の森の中、静寂な空間」とあります。田端さんの世界にゆっくり浸れる空間となっていることでしょう。


◉佐熊桂一郎・古茂田杏子二人展『抒情の画家』

22687517_854118988098579_3994367047355506579_n

2017年11月13日(月)〜25日(土) ※日曜休廊
11:00〜18:30
羽黒洞木村東介 にて(
〒113-0034 文京区湯島4-6-11湯島ハイタウン2F TEL 03-3815-0431 / FAX 03-3816-3569)

佐熊桂一郎(平成18年没)と古茂田杏子は 「日本にしかない表現力」を持つ画家ではないかと考えています。 言葉にはできない哀愁や掴みどころのない心の動きを追い求め、 職人のようにコツコツと粛々として画面に描き出す。 この二人の作品が年を増すごとに愛おしく思われてなりません。 みなさま、是非ご高覧くださいませ。 木村品子(羽黒洞オーナー)


◉内藤瑶子個展「–もう何も考えたくない–『否考式』」

2017t-box4c1f-01

2017年10月16日(月)〜21日(土)
11:00〜19:30 ※最終日は16:00まで
ギャラリーT-BOXにて


更新を担当している筆者(内藤瑶子)の個展は、すでに終了しておりますが、更新上の都合により掲載させていただきます。田端さんの展示と同様、お知らせが遅くなってしまい大変残念です。

(記載のない場合、文責ないとう)

 

田端麻子個展、佐熊桂一郎・古茂田杏子二人展のお知らせ はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: 人人会ほっとにゅ〜す, 人人会関連作家の活動紹介

あるくの从作家見聞記|No.6 グループ展:郡司宏、古茂田杏子、田端麻子

あるくの从作家見聞記<<前回の記事:あるくの从作家見聞記|No.3 小野なな展 、No.4 林晃久展、No.5 古茂田杏子・佐藤草太 二人展あるくの从作家見聞記|No.1 亀井三千代展「絵空言」、No.2 渡辺つぶら展

ライターの山田歩さんによる「あるくの从作家見聞記」も3回目の更新となりました。今回は、7月中旬にギャラリー枝香庵にて開催された「昭和の面影」展のレポートを中心とした「私の中の昭和の記憶」というエッセーを送っていただきました。山下菊二に代表されるように、過去の人人展出品作家にも社会における支配関係や、権力の権威化、保守化を鋭く切り取ろうとする表現活動がみられました。それがあってこその今日の表現であることは、もちろん言うまでもありません。しかし、頭の中だけの理想や理念とはまたちがう、体感や手触りとしての「昭和」という表現もあるのでしょう。72回目の終戦記念日に感じ入る投稿となりました。(文責 ないとう)

あるくの从作家見聞記6

◉郡司宏、古茂田杏子、田端麻子
第8回「うちわと風鈴展」(ギャラリーアビアント)・7月5日~14日、第20回銅版画の会「四角い空」展(青木画廊3Fルフト)・7月7日~13日、「昭和の面影」展(ギャラリー枝香庵)・7月11日~18日 (2017年)

ーー

私の中の昭和の記憶

昭和64年(1989)1月7日、昭和天皇が亡くなった。昭和終焉の日である。その当時、私は長崎県諫早市に住んでいてローカル紙の新聞記者だった。長崎新聞の政治部キャップのF氏が3年前、諫早市に特化した新聞を創刊することになり、私は誘われて記者となった。タブロイド判16ページに二人で記事を書き、手作業でレイアウト、編集して制作していた。F氏が政治、社会面を私が文化、生活、スポーツ面などを担当した。諫早タイムズという新聞の名前から私は、小さな町を歩いていると、”タイムズさん“と親しみを籠められて町の人々から呼ばれていた。そんな折、昭和天皇が亡くなり、紙面の扱い方で私はF氏と口論になり、退社した。F氏は全ページ天皇特集でいくと言ったが、私は反対であった。そういう特集は大新聞や雑誌で行えばよいと思ったし、そもそも天皇制に疑問を持っていたからである。天皇制というものは神輿のようなものであると思っていた。その時代の人たちが担ぐままに担がれるものだったのではないか。「政治的作品」としか私は思っていなかった。

昭和20年(1945)8月15日に太平洋戦争は終わった。写真家の濱谷浩は天皇の肉声によるラジオから流れた玉音放送を聴くなり、部屋から外に出て、真天上の太陽に向かってシャッターを切った。新潟県高田市で暮らしていた時に撮影した名作(終戦の日の太陽)。日章旗が反転したような印象深い写真だ。「風がなく、草も木も動かずぐったり生気を失い、空には雲ひとつなく、ただ宙天に昭和20年8月15日の太陽がギラギラと輝いていた。」と回想記『潜像残像』に書いている。もうそれから72年が経つ。

私は昭和26年に生まれた。まだ日本がアメリカの占領下にあった時である。郡司宏さんはその翌年、昭和27年に東大病院で生まれている(東大卒より凄い!)。日本がアメリカから独立した年。しかし沖縄は占領下のままであった。古茂田杏子さんは、戦後に生まれただろうが、いつも若くて魅力的(サービスかな?)。田端麻子さんは、1996年(平成7年)に多摩美術大学を卒業しているから昭和の後半に生まれているのだろう。若い画家さんだ。この3人が「うちわと風鈴」展と「昭和の面影」展に出品していた。銅版画の会「四角い空」展は古茂田さんが主宰する銅版画教室の画家さんたちとの展覧会。この3つの展覧会に共通するのは“昭和の風情”である。いずれも郷愁や過去の記憶の懐かしさと痛みがある。「昭和の面影」展を企画した御子柴大三氏は「昭和の古き良き時代をそれぞれの画家さんたちに記憶を辿ってもらい自由に描いて欲しかった。私の昭和の面影は哀切と悼みかも知れない」と語る。若くして亡くなった画家、長谷川利行や松本竣介のことが眼に浮ぶのだろう。展覧会場となったギャラリー枝香庵は銀座3丁目、銀座ビルディング8Fにある。7Fまでエレベーターで上がり、8Fまで階段を上がる、途中に小部屋があり、作品が展示され、また階段を上がると小部屋の展示室がある。まるでエッシャーの絵にように水が上からも下からも流れている光景を思い出す。

スキャン 1

「昭和の面影」展(ギャラリー枝香庵)展示風景・7月11日~18日 (2017年)

ちなみに「昭和の面影」展では古茂田さんの作品は「Give me chocolate」と「星の流れに」。郡司宏さんは東京大空襲を描いた「1945年3月10日」と「鉄(クロガネ)」。田端麻子さんは「がまんをします」と「畳のある家」。それらには天皇とは関係のない庶民の哀感が漂っている。古茂田さんの「こんな女に誰がしたぁ~」の唄声が聞こえ、田端さんが「がまんしなさい」と堪えているような気がする(苦笑)。昭和21年1月1日に昭和天皇は「人間宣言」と呼ばれる詔勅を発した。それまで「御真影」だった天皇が国民の前に姿を現したのである。いまでも行われる天皇主宰の園遊会が戦後最初にあったのは昭和28年(1953)、その頃はまだテレビが国民に普及していなかったが、昭和34年(1959)に皇太子明仁(今上天皇)と美智子妃(現皇后)の結婚パレードが行われ、一気にテレビが普及した。テレビで放映される園遊会で昭和天皇はよく出席者たちに話しかけ、相手の答えを聞くと「あっ、そう」と答えていた。いつしか昭和天皇の代名詞は「あっ、そう」になっていた。評論家の松本健一は『昭和天皇伝説』の中で、アメリカのラスベガスでのディナーショーで日本人歌手・朱里エイコが「Ah,So!」という曲を歌っているのをラジオで聴いたと書いている。朱里エイコが英語で何かセリフを言うたびに聴衆が一緒に「Ah,So!」と合唱していたとのこと。私もどんな歌なのか聴いてみたくなった。皇室の大衆化はいまも続いている。

スキャン 3


田端麻子作品「昭和の面影」展(ギャラリー枝香庵)・7月11日~18日 (2017年)

今回、「昭和の面影」の出品作家たちのほとんどの画家は、戦後に生まれ、民主主義の時代の中で画家の道を歩んできた人たちばかりだろう。戦争の記憶は持っていないはずである。しかし、今の時代を生きながらも何かしらの戦争の記憶がそれぞれの人たちに受け継がれているに違いない。私はDNAの遺伝子により性格や体格など遺伝しているだけでなく記憶も遺伝していると考えている。私たちの父母や祖父祖母、さらには遠い祖先たちが見聞し、体験したものが、いまも連綿と遺伝子として私たちに記憶されていると思う。デジャヴィ(既視感)と呼ばれる現象はその事で説明できるのではないだろうか。今は平成の時代だが、多くの人たちの心の中に昭和の面影が記憶としてゆらゆらと蠢いている。いつの時代も遠くにはない、いつも私たちに寄り添い近くにあるのだ。

過去も現在も未来もぐるぐると渦を巻きながら記憶の輪をつくっている。(山田歩)

次回もお楽しみに!

あるくの从作家見聞記|No.6 グループ展:郡司宏、古茂田杏子、田端麻子 はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: あるくの人人作家見聞記, 人人会ほっとにゅ〜す

久保俊寛、亀井三千代、馬籠伸郎、木村浩之、内藤瑶子、成田朱希、林晃久(マロン)、馬籠伸郎、美濃瓢吾による展示のお知らせ

人人会より、7月の後半〜8月前半にかけて行われる関連作家による展示のご紹介をさせていただきます。広島県広島市で開催される久保俊寛さんの個展、O美術館にて行われる『座2017』では亀井三千代さん、馬籠伸郎さんが参加、汐留のパークホテル東京では人人会の作家が多数参加した客室装飾のシリーズが一挙公開となるイベント『ホテルアートフェス』が開催予定となっております。


◉久保俊寛個展『私の中の面々 呉・広島・交友録・第3章』

2017年7月26日(水)~8月1日(火)
9:30〜17:30
ギャラリー並木:広島市中区袋町9-3並木ヒルズ

久保さんが扮するお馴染み(?)の謎キャラクター「カオッピー」。さらに今回の案内状には「ヒロピー登場 Hiroshima Peace」と記されていました。肖像画シリーズ「顔面浴」に平行するこの不思議な自演の意味するところとは!?


◉亀井三千代、馬籠伸郎ほか『座2017』

19702118_841183642702339_2134896886983186284_n

2017年7月22日(土)〜8月2日(水) ※7月27日(木)休館
10:00〜18:30 (入館は18:00まで、最終日15:30まで
O美術館 (JR線・りんかい線 大崎駅から1分、大崎ニューシティ2号館2階)にて

亀井さんと馬籠さんが参加する「座の会」は、人人会と同様に創作活動をする個人が集うことによる様々な効果を期待したグループ(パンフレットなどの資料より)。人人会の面々も大変お世話になっている美術ジャーナリスト・藤田一人さんが事務局を務められています。告知画像(↑上記画像)にも藤田さんによる力強いテキストが掲載されていました。初日にイベント多数。詳しくは座の会のサイトをご覧ください。


◉木村浩之、内藤瑶子、成田朱希、林晃久(マロン)、馬籠伸郎、美濃瓢吾ほか『ホテルアートフェス』

2017年8/5(土)および 8/6(日) 15:00-20:00
パークホテル東京にて

料金:1日券2,000円(税金込、アートカクテル1杯付き)
予約先URL:http://hotelartfes2017.peatix.com/
予約・お問い合わせ:03-6252-1111(代)サロン予約担当

素敵なカクテルや作品と共に、夏の夜を楽しんでみてはいかがでしょうか。
パークホテルのART COLORSには、これまでも沢山の人人会作家が関わっています。(以下敬称略)まず今回のフェスで公開される客室の、木村浩之、内藤瑶子、成田朱希、林晃久(マロン)、馬籠伸郎、美濃瓢吾による制作、さらに過去25Fフロアでの企画展示には猪瀬辰男、亀井三千代、古茂田杏子、西田弘英、今年から参加の箕輪千絵子も参加しています。雰囲気が素敵なサイトで、さまざまな作品がご覧頂けます!(http://www.parkhoteltokyo.com/artcolours/index.html


(文責 ないとう)

 

久保俊寛、亀井三千代、馬籠伸郎、木村浩之、内藤瑶子、成田朱希、林晃久(マロン)、馬籠伸郎、美濃瓢吾による展示のお知らせ はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: 人人会ほっとにゅ〜す, 人人会関連作家の活動紹介

あるくの从作家見聞記|No.3 小野なな展 、No.4 林晃久展、No.5 古茂田杏子・佐藤草太 二人展

あるくの从作家見聞記<<前回の記事:あるくの从作家見聞記|No.1 亀井三千代展「絵空言」、No.2 渡辺つぶら展

ライターの山田歩(あるく)さんから新しい原稿が届きました。今回の見聞記は東京近郊で行われた人人関連作家による3つの展示について書いていただきました。中にはまさかの「行けてない…!」見られず、聞いただけの見聞記も。考えようによっては面白い試みかもしれません。ゆるりと読んでいただけたら幸いです。

前回のほっとにゅ〜す「大野俊治、郡司 宏、古茂田杏子、田端麻子による展示のお知らせ」でご紹介した郡司 宏、古茂田 杏子、田端 麻子が出展する『昭和の面影』展がギャラリー枝香庵にて、11日(火)から開催予定です。銀座方面にお出かけの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。(文責 ないとう)


あるくの从作家見聞記 No.3

◉小野なな展『がらくた箱』小品 立体、平面、CG+α
65日~17(2017) ギャラリー檜e(京橋)

19247752_1580298858679219_1084198852018363755_n

小野なな展「『がらくた箱』小品 立体、平面、CG+α」会場風景|2017年6月5日~17日、会場:ギャラリー檜e(京橋)

 京橋の国立近代美術館フィルムセンター近くにあるギャラリー檜eで開催された小野ななさんの個展『がらくた箱』を病院で受診した後に観に出かけた。その日は手術するかどうか判断して貰う日であったが、幸いに外科手術は回避され気が軽くなり銀座へと向かい宝町駅で下車して小野さんの個展だけでなくアートスペース羅針盤で从展創立メンバーが関西で作ったパンリアルというグループに属していた森川渉さんの個展も観た。他に池田龍雄さんや渡辺豊重さんの個展も観て廻り少々草臥れた。それでも大掛かりな美術館の展覧会より個展はやはり良い。作品とゆっくり向かい合うことができるからだ。

 さて小野なな展は画家が体調悪いとの事で不在だった。私は作者と面識がないまま作品だけを観る事になった。ギャラリー内には様々な小品が展示されていて、それぞれの作品から感じたのは病的なほど感受性の強い作家の姿であった。箱の中に納められた人形。そしてCGで描かれた人形の顔やドライフラワー。異次元世界に誘われるような感覚を受けた。私は随分前に読んだ中勘助の小説『銀の匙』を思い出していた。「私の書斎のいろいろながらくた物などいれた本箱の引き出しに昔からひとつの小箱がしまってある。」という書き出しで始まる小説である。虚弱で神経質で、感受性が強く、好き嫌いの烈しい少年だった中勘助が、自分の幼少年時代を子どもの目線で澄みきって描いている。大人の目線ではない。小野さんの作品もそんな感じがする。最初、小野さんは若い女性だと思っていたが、実際は高齢な方だと後で知った。環境問題に警告メッセージを織り交ぜた作品を継続して創作されている。遺伝子組み換え作物種などに関心の高い方である。地球環境の生死に敏感な作家なのである。それで私は、死を覚悟した難病から生還した生命科学者、柳澤桂子さんの言葉「私はこの地球環境の中に生かされている。花も草も虫もいろいろな動物もいて、中の一つとして私がある。」を思い出していた。柳澤さんは、『安らぎの生命科学』の中で「生命は、地球誕生のときに宇宙からそそいできた星のかけらが、海の中で育まれて生まれたのではないかと推測される。その生命のもっとも基本となる物質はDNAと呼ばれる糸のように長い分子である。」とも語っている。小野さんもまた生命の大切さを感じて、宇宙の中の一本の糸のような思いをこめて作品を創られているのではないだろうか。

私もまた星のかけらの一つである。

(山田歩)


あるくの从作家見聞記 No.4

◉林晃久展 「erotica .9 XVⅡ-絵の具とフィルムー」
6月5日~18日(2017年) ギャラリー元町(横浜)

林晃久展 「erotica .9 XVⅡ-絵の具とフィルムー」会場風景|2017年6月5日~18日会場:ギャラリー元町(横浜)、グリッドデザインは編集者による


横浜のJR石川町駅の側にあるギャラリー元町で林晃久展が開かれているのを観に行くことはできなかった。林さんの別名は、マロン・フラヌールである。林さんの時は男性であり、マロン・フラヌールの時は女性の顔を持つアンドロギュノス(男女両性具有者)と言ってよいのかもしれない。ギリシア神話に出てくる男女両性をそなえた神、ヘルメスとアプロディテの子の名前はヘルマフロディトス。ニンフのサルマキスの誘惑から逃れたのでサルマキスは悲しくなって自分の体が彼に結ばれるように祈ったら一体になってしまったのだと、昨年亡くなった美術評論家のヨシダ・ヨシエさんが説明していた。私は林さんの時の彼とは会った事がない。从展で初めてお会いした時はマロン・フラヌールという女性だった。羽黒洞の木村品子さんがマロンちゃんと呼ぶので私もマロンちゃんと声をかけて写真を撮らせて貰った。ふくよかで大柄な女性である。

昔、ある詩人が舞踏家の土方巽さんに会った時、「おいオカマ」と呼ばれたら、「オカマじゃないゲイです」と答えたと聞いた事がある。マロンちゃんだったら、なんて答えるのだろうか。芸術家にはそうした性癖のある人が多いと聞いている。

マロンちゃんの得意技はカメラによる自撮りである。セルフ(自分自身)+ポートレイト(肖像)。マロンちゃんは、作品をphoto、複写、ドローイング、コラージュ、ペインティングで創作する。画面の中には必ずと言ってよいほどマロンちゃんが居る。それも艶めかしいほどエロチックな被写体である。マロンちゃんに似たセルフポートレイトを得意とする画家に森村泰昌さんがいる。彼はマネの作品「オランピア」や「笛を吹く少年」など有名な画家たちの作品にセルフポートレイトして入り込んでいく手法を使っている。森村さんはセルフポートレイトを「自画像」から「自写像」とも言い、さらに「自我像」と呼んでもいいのではないかと著書『美術の解剖学講義』の中で語っている。

しかし、マロンちゃんの作品は森村さんの手法とは違っている。描かれる被写体はご本人そのものである。その周辺をコラージュやドローイング、ペインティングしている。ちなみにコラージュとは普通は糊づけして貼りつける事を意味するが、俗語で「同棲生活」ともいう。写真や文字、布、木片、金属片などなんでも貼り付け画面と同棲させてしまう。

マロンちゃんの作品は幾何学的でユニークだ。そんなマロンちゃんはどこか異人さんのような感じがして、港町・横浜が似合っている。赤い靴履いた女の子は気をつけましょう。

(山田歩)


あるくの从作家見聞記 No.5

古茂田杏子・佐藤草太二人展
613日~21日(2017年) ギャラリー・アビアント(浅草)

古茂田杏子・佐藤草太二人展 会場風景|2017613日~21日会場:ギャラリー・アビアント(浅草)


浅草の吾妻橋を渡り、金のオブジェ(愛称・金のウンコ)のビルを過ぎるとギャラリー・アビアントがある。そこで古茂田杏子さんと佐藤草太さんの二人展が開催され初日に観に出かけた。残念ながら佐藤さんは、不在だった。画家の故・西村宣造さんから彼の絵を観るように頼まれた古茂田さんは、佐藤さんと互いに作品展を通じて知り合い、今回の二人展となったと聞く。古茂田さんは江戸情緒漂う戯画であるのに対して佐藤さんは愛国を謳った昭和の雰囲気で画風は異なっている。共通しているならレトロ感覚かノスタルジーだろうか。古茂田さんは佐藤さんより遥かに年配であり画家として経歴も古い。それ故に彼女を慕う画家仲間も多い。初日とあって画家の緑川俊一さんや森蔦澄子さん、多賀新さん、表装家の岡本直子さん、从会事務局を務める郡司宏さんらが次々に訪れ賑わった。

私は吾妻橋を渡るのは20数年ぶりのことであった。小雨の降る夕方の曇よりとした橋上から眺める墨田川には寂寥を覚えた。芥川龍之介は『大川の水』で「自分は、どうしてかうもあの川を愛するのか。あの何方かと云えば、泥塗りのした大川の生暖かい水に、限りない床しさを感じるのか。」と書いている。大川とは隅田川のことである。また永井荷風『濹東綺譚』の挿絵画家・木村荘八の吾妻橋の絵が目に浮ぶ。吾妻橋の真ん中の欄干に身を寄せて眺めている風景。『濹東綺譚』は向島寺島町にある遊郭の荷風の見聞記。ちなみに「濹」の字は林述斎が墨田川を言い表す為に濫りに作ったもの。文化年代のことである。

私が古茂田杏子さんの絵を初めて観たのは神田にあるギャラリー環であった。ご両親の画家、故・守介さんと美津子さんの絵は2階展示場に飾られ、1階では杏子さんのエッチングが展示されていた。「自画像を描く私」や自らの臨死体験を描いた「こっちの水は甘いぞ、あっちの水は苦いぞ」など印象深い絵を観ることができた。その後、从展では屏風にアクリル絵具で描いたユーモラスな「果報は寝て待て」や今回、アビアントでも展示されている彼女の生い立ちを描いた屏風絵を観た。それから新宿にあるギャラリー・ポルトリブレの『HAIKUと絵とー春―』で池に溺れそうになっている古茂田さんを俳句仲間が吊り上げようとしている滑稽な絵を観た。彼女の俳句「今ならば告白できる椿咲き」の短冊が展示されていた。郡司さんも句会仲間で彼は「出番まつ太夫に似たり八重桜」を詠んでいた。

今回のアビアントでは、古茂田さんは諺に題材を取って和紙に墨、水彩を使い渋い色調で作品を生み出している。茶目っ気たっぷりの杏子姉御は自ら着る白襦袢に「猫に小判を」と描いている。黒の羽織を着て東京、いや江戸の町を風を切り颯爽と歩く姿は、いつもながら惚れ惚れする。(山田歩)

次回もお楽しみに!

あるくの从作家見聞記|No.3 小野なな展 、No.4 林晃久展、No.5 古茂田杏子・佐藤草太 二人展 はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: あるくの人人作家見聞記, 人人会ほっとにゅ〜す