タグ別アーカイブ: 从会

亀井三千代、内藤瑶子参加のグループ展、木村浩之のテレビ出演のお知らせ

人人会メンバー亀井三千代、内藤瑶子が参加いたします。また、BSフジで放映中のテレビプログラム『ブレイク前夜 ~次世代の芸術家たち~』(毎週火曜 21:55~22:00 )にて、木村浩之が紹介されましたので、過去の人人メンバーのものを含めてご紹介します!


◉ 「絵と音楽と、響きあうほどに」 銀座屋上ギャラリー枝香庵

人人会メンバー内藤瑶子、亀井三千代が参加いたします。
絵と音楽があれば雨の季節も楽しくなります。是非是非お越し下さいますよう、よろしくお願いいたします。

62057768_376070276355740_8701529915503149056_n

2019年6月21日(金)~30日(日)11:30~19:00 会期中無休(日曜、最終日17:00まで) 

  • 会場:銀座屋上ギャラリー枝香庵( 11:30~1〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-12 銀座ビルディング8F
  • 電話: TEL / FAX 03-3567-8110

ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~ #156 木村浩之 Hiroyuki Kimura

BSフジ『ブレイク前夜 ~次世代の芸術家たち~』 毎週火曜 21:55~22:00 放送中

以前放送された人人会メンバー回もあわせてご覧ください!

 

 

オフィシャルHP http://breakzenya.art/ 

 


亀井三千代、内藤瑶子参加のグループ展、木村浩之のテレビ出演のお知らせ はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: 人人会ほっとにゅ〜す, 人人会関連作家の活動紹介

久保俊寛による個展・古茂田杏子「新収蔵作品展」町田市立国際版画美術館のお知らせ

謹 賀 新 年

だいぶゆったりとしたタイミングのご挨拶になりました。本年も人人会をよろしくお願いいたします。

平成31年度「第43回人人展」は、3月25日(月)~31日(日)の会期を予定。今年も各出品者につき6mという個展のような大きなスペースで作品が展示されるほか、毎年恒例の特別陳列も企画しています。会場は東京都美術館1階第4展示室、会期中無休!鋭意準備中です。

今回は、人人会作家の久保俊寛さんと、古茂田杏子さんのお知らせをご紹介します。


◉ 久保俊寛巡回展 色エンピツで…「名作を旅する」

久保俊寛さんは個展を開催中!また、去年の11月に中国新聞の文化欄にてエッセイを連載されたとのこと、原稿が届きましたのであわせてご紹介します。

千葉:2018年12月24日(月)~2月2日(土) 10:30~18:00  日曜定休・最終日15時まで

  • 会場:ギャラリーオアシスにて( 264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀3丁目248都賀プラザ2F
  • 電話: 043-309-8353

———————–

  • 広島:2019年4月1日(月)~4月7日(土) 9:30~17:30  無休
  • 会場:ギャラリー並木にて( 730-0036 広島市中区袋町9-3 並木ヒルズ7F
  • 電話: 090-4140-5754

「新収蔵作品展 Present for you」町田市立国際版画美術館

古茂田杏子さんの作品が町田市立国際版画美術館に収蔵され、現在「新収蔵作品展」のコーナーに展示されています。古茂田さんのご両親(古茂田守介・美津子夫妻)の作品も同時に展示されているとのこと。

追記:古茂田さんの版画は、愛媛県美術館にも寄託されたそうです!詳細がわかり次第、またご紹介しようと思います。

上に掲載した画像は配布されたリーフレットから抜粋しています。古茂田杏子ツイッター @komoda_kyoko よりお借りしました。

2016年にアートギャラリー環で開催された「古茂田杏子展」、2018年の不忍画廊「描かれた少女は・・・誰? 古茂田守介生誕100年記念 守介|美津子|杏子 3人展」など、近年は杏子さんの歴代の画業を拝見する機会がありました。美術館の会場も、素敵な展示となっていることでしょう。


(記載のない場合、文責ないとう)

久保俊寛による個展・古茂田杏子「新収蔵作品展」町田市立国際版画美術館のお知らせ はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: 人人会ほっとにゅ〜す, 人人会関連作家の活動紹介, 会からのお知らせ

米田昌功・内藤瑶子による個展、その他人人会作家のお知らせ

10月〜11月にかけて開催される人人会作家の展示情報をご紹介します。少々更新が遅れております。終了間近のものもありますが、アーカイブも兼ねて記載させていただきます。


◉「米田昌功展 -祈録- 」

  • 2018年9月22日(土)~30日(日)10:00~17:00  休館日は26
  • 会場:ギャラリー隠れ里にて(〒969-0022福島県喜多方市熊倉町雄国字隠里丁)
  • 日本画作品は、米田さんの作品にとって脊椎のような位置づけであり、「紆余曲折や試行錯誤にもぶれない私の芯が感じ取った祈りの記録」(個展DMより)。素敵な展示となることでしょう!

米田昌功さんが運営する「ばーと◎とやま」企画

米田さんが、長年お仲間と共に運営されてきたNPOを拠点として開所した「富山県障害者芸術活動支援センター ばーと◎とやま」によるアートイベントが開催されるそうです。個展とあわせてご紹介いたします。

1536213584.jpg

  • 2018年11月10日(土)~18日(日)
  • 会場:富山県民会館分館、薬種商の館・金岡邸にて(〒930-0992 富山県富山市新庄町1丁目5−24)
  • 10日(土)午後には画家・木下晋さんと米田さんによるトークショー「生の芸術 命の芸術」が催されるそうです。

詳しい情報は、ばーと◎とやまのサイト、またはアートNPO工房COCOPELLIサイトなどにアップされる情報をチェックいただければと思います。


◉内藤瑶子展

2018t-box2-4cw

  • 2018年10月15日(月)〜27日(土)
  • 11:00〜19:00土曜日は16:00まで 日曜休廊
  • DM作品〈夜の雨を見る〉、映像作品〈More than Life〉などの新作に加えて、一部旧作も織り交ぜつつ展示する予定です。油彩・顔彩によるペインティング、近年取り組んでいるモノタイプやコラグラフ、木版リトグラフといった版表現 など、多種多様な素材・メディアによって作品となった、謎の視覚探訪録を楽しんでいただけたら幸いです。初日はお酒を飲みつつ在廊予定です。(ないとう)
  • 会場:東京・八重洲 T-BOX 

土曜日の営業時間が短いことと、日曜日が休廊です。毎年間違えてしまう方がいらっしゃいますので、ご注意くださいませ。ご来場お待ちしております!


◉亀井三千代さんが講師を担当されている水彩画教室の展覧会

42555310_2228400220535743_2142493183764856832_o

  • 「第1回波露の会 -はろのかい- 亀井三千代水彩画教室作品展」
  • 2018年10月8日(月祝)~10月13日(土)
  • 会期中無休 11:00-18:30
  • ★最終日16:00まで
  • 会場:羽黒洞

いつも人人会の小品展を開催してくださっている羽黒洞が会場になっています。お近くに起こしの際はぜひのぞいてみてくださいませ。


(記載のない場合、文責ないとう)

米田昌功・内藤瑶子による個展、その他人人会作家のお知らせ はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: 人人会ほっとにゅ〜す, 人人会関連作家の活動紹介, 会からのお知らせ

木村浩之個展、成田朱希・内藤瑶子による2人展、渡辺つぶら雑誌掲載などなど、人人会作家のお知らせ

7月〜8月にかけて開催される人人会作家の展示情報をご紹介します。暑い最中、湿度も高いと大変ですが、ぜひぜひご高覧下さいませ。


◉「ArtWork7  木村浩之 日本画展」

36937014_1611883008937439_8033397793550761984_n

  • 2018年7月19日(木)~7月25日(水)10:00~19:00 最終日は17:00閉場
  • 渋谷・東急本店8階美術ギャラリーにて(〒150-8019 東京都渋谷区道玄坂2-24-1TEL & FAX / 03-3477-3111)
    • (個展DMより)日本の国技相撲を題材にした絵画をはじめ、ユーモラスなテラコッタの力士像、そして美しい日本の風土を繊細なタッチで描いた風景画の数々を展示いたします。

渡辺つぶら「少々異端派なアートマガジン、ExtrART(エクストラート)」に掲載。

『ExtrART file17 』「説話的世界へようこそ」にて作品が掲載されています。「豊満な日本の神様たちが生き生きと演じる物語」と文章を志賀信夫さんが書いて下さっているそうです。

つぶらさんはWEBマガジン“Bonjour 50’s”アートギャラリー」コーナーに記事を執筆されていますので、ぜひこちらもあわせてご覧ください!

ExtrART file.17 (FEATURE:説話的世界へようこそ)
アトリエサード (2018-06-25)
売り上げランキング: 155,409

 


◉パークホテル東京 ART colours Vol.26 「ー井の底ー 成田朱希×内藤瑶子 展」

vol24_l (1)

  • 2018611()-92()11:0020:00
  • パークホテル東京25F/31Fラウンジ(汐留)にて
    日本の四季をアートと共に楽しむ展示会ART coloursの第25弾として、成田朱希×内藤瑶子「井の底」展が開催されます。パークホテル東京のアーティスト・イン・ホテル プロジェクトでそれぞれ「芸者金魚」「鯉」という魚の名の客室を制作して人気を博している二人の作家によるコラボレーション展です。(パークホテルのウエブサイトより)

宿泊の方以外でも入れます。お気軽にお越しくださいませ。新橋駅から歩いてすぐ、共同通信ビルの25階からがパークホテルになります。


◉「第9回うちわと風鈴展」2018.7.4(水)~ 7.14(土)会期中無休

木村浩之、郡司 宏 、古茂田杏子、田端麻子、内藤瑶子、西川芳孝(敬称略)、また前回の人人展に参加してくださった宇里香菜さんなど沢山の人人関連作家が参加しています。

うちわ

ギャラリーアビアントにて(〒130-0001東京都墨田区吾妻橋1-23-30リバーピア吾妻橋1F


◉亀井三千代、馬籠伸郎ほか 第7回 座の会展『座2018』Avant-Garde

去年もご紹介した「座の会」。パンフレットの文章↑も素晴らしかったので、ご一読をおすすめします!

以下座の会WEBサイトより)座の会は、20代から70代の日本画・漆技法などの作家、現代美術系作家によるグループ展です。7/21(土)には美術評論家の野口玲一氏・藤田一人氏をお招きして出品作家と車座になりギャラリートークとオープニングパーティーを行います。

会期 : 7月21日(土)〜8月1日(水)
★7月26日(木)休館
会場 : O美術館 (JR線・りんかい線 大崎駅から1分、大崎ニューシティ2号館2階)
アクセスマップ : http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000001500/hpg000001414.htm
TEL : 03(3495)4040
時間 : 10:00〜18:30 (入館は18:00まで)
★最終日16:00まで

《イベント① : 7月21日(土)》
★13:30~15:30 ギャラリートーク (ゲスト 藤田一人・野口玲一氏氏を交え出品作家と車座トークを開催します。)
★16:00〜18:00 オープニングパーティー

《イベント② : 8月1日(水)》
★最終日にシークレットゲストを加えたゲリラトークを行う予定です!さて誰が来るのか?お楽しみに!


(記載のない場合、文責ないとう)

木村浩之個展、成田朱希・内藤瑶子による2人展、渡辺つぶら雑誌掲載などなど、人人会作家のお知らせ はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: 人人会ほっとにゅ〜す, 人人会関連作家の活動紹介

「第42回人人展」終了しました。

2018年3月25日(木)~31日(水)東京都美術館・1階第4展示室にて行われた「第42回人人展」ならびに特別陳列「顔」、盛況のうちに終了いたしました。
会場まで足を運んで頂いたお客様、ご協力いただいた中村正義の美術館をはじめ、ご出資いただいたギャラリー・画廊の方々、作品をお貸しいただきました羽黒洞、その他関係者の方々にあらためて感謝申し上げます!

目録: 第42回人人目録(pdf)


人人展ダイジェスト

今回の特別陳列は「顔」。人人会の中心的な創設者でもある日本画家・中村正義の著書『創造は醜なり』に収録された「絵はすべて自画像」というエッセイからインスピレーションを受け企画されました。会場となった入り口メインブースには、中村正義と佐熊桂一郎らによる物故作品、出品者有志を合わせた33名による作品42点が展示されました。

 

(「顔」の展示会場の様子)

 

また図録では、パステルなどを使用した中村正義作品をキービジュアルに使用し、スピンオフ企画として出品者の大野、内藤によるエッセーを掲載、初日にはギャラリートークも催されました。

 

(ギャラリートークの様子。顔各出品者の話を聞きながら、お客様と共に「顔」の展示会場を廻りました。左から内藤瑶子、大野俊治、自作を解説する渡辺つぶら)

 

従来、人人展では追悼展や回顧展など、主に個人の業績に焦点をあてた特別陳列が企画されてきました。今回の「顔」は、その流れの中では新しい試みであり、先代の文章を読みながら各作家が考え、呼応していこうという「人人だからこそ」の企画でもありました。

出品作品は具象・抽象問わず、また平面から立体まで、それぞれ独特の技法や素材が用いられており、自画像、お面をモチーフにしたもの、解剖スケッチ、張り子、時間の経過や記録性を取り入れたもの……などなど、作家による多様な解釈が散見され、各作家の独自性が「顔」というモチーフを通して感じられる展示となりました。

🔷

中村正義の文章にある「絵はすべて自画像(のよう)になるのではないか?」という「自画像」は、文字通りの自分を描いた「自画像」 とは意味合いが異なる上、本企画のモチーフ自体は「顔」。さまざまなキーワードが錯綜する挑戦的なテーマだったと思います。

2018年「人人の顔」を感じていただけたなら幸いです。

来てくださったお客様やご協力いただいた皆さまのご意見ご感想を励みに、そして出品者同士の議論も糧にしながら、これからもチャレンジを続けますので、どうぞご期待くださいませ。


 

通常展示は、2人の新しいメンバー(呼びかけ会員)を加えた合計34人の出品者が、各人5m前後の壁面スペースに展示を展開しました。特別陳列、追悼展示の作品を含めると137点(シリーズ作品は1点と数える)の作品が集い、今年も賑やかな展開となりました。

 


小品展「小さな人人展」

今年も湯島の画廊・羽黒洞ご協力の上、小品展「小さな人人展」が開催され、また昨年に引き続き「人人句会」が行われました。

(皆さま楽しむことに夢中で記録写真がなく、掲載できないのが残念!だれかお持ちの方いらっしゃいましたら、是非ご一報くださいませ。)

(文責:人人会WEBサイト担当・内藤瑶子)


「第42回人人展」終了しました。 はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: 人人展セルフレビュー, 人人展情報アーカイブ

「第42回从展」雑誌掲載、古茂田杏子・宮﨑優・山崎美佐子「从の三人展」のお知らせ

今年の春は随分と気温が高く、もう半袖で出歩く人々がちらほら。もう酷暑が心配になってきます。

さて無事終了いたしました「第42回从展」、今年も『美術の窓 2018年5月号』の「公募展だより」コーナーに掲載していただいております。さらに銀座の画廊るたんにて、从作家3人による「从の三人展」が開催予定とのこと。ご紹介させていただきます。


◉『美術の窓 2018年5月号』p234

「第42回从展」の展評を掲載していただいております!

古茂田杏子、亀井三千代、郡司 宏、丹澤和美それぞれの作品写真、作品評が掲載されています。ぜひチェックしてみてくださいね。

美術の窓 2018年 5月号 [雑誌]
生活の友社 (2018-04-20)

◉古茂田杏子・宮崎優・山崎美佐子「从の三人展」

5-19

会期:2018年5月14日(月)~5月19日(土)
時間:11:00~18:30(最終日17:00まで)
会場:画廊るたん(
104-0061 東京都中央区銀座6-13-7 新保ビル2F TEL/FAX (03)3541-0522 E-mail letemps.ginza@gmail.com )
http://www.gallerys.jp/town/tokyo/rutan/now.html

从会でも大ベテラン作家のお三方。迫力のある展示を期待しております!


(記載のない場合、文責ないとう)

「第42回从展」雑誌掲載、古茂田杏子・宮﨑優・山崎美佐子「从の三人展」のお知らせ はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: 人人会ほっとにゅ〜す, 人人会関連作家の活動紹介, 会からのお知らせ

久保俊寛個展開催のお知らせ、あるくの从作家見聞記|No.10 久保俊寛「虫むし」展

あるくの从作家見聞記<<前回の記事:田端麻子個展開催のお知らせ、あるくの从作家見聞記|No.9 田端麻子展「シーソー」

ライターの山田歩さんによる「あるくの从作家見聞記」No.10、年末年始に行われた久保俊寛「虫むし」展の記事です。現在、〜27日(金)まで広島のギャラリー並木にて個展を開催中。お近くの方は是非お出かけください。

久保俊寛「自画像と書」展 2018年4月23日(月)-4月27日(金) 

9:30~17:30(日曜日、最終日は17:00まで)

会場:ギャラリー並木にて( 電話: 090-4140-5754
スキャン 2

DM画像。地図が手書きでかわいいです。

(文責 ないとう)

あるくの从作家見聞記10

◉久保俊寛「虫むし」展
2017年12月19日~2018年1月20日 ギャラリーオアシス(千葉市都賀)

ーー

「虫」という天体

私たちは、日常生活の中で自分の行動を振り返って、「あの時、ああしていたら、どうなっていただろうか」と想像したりすることがある。大抵の人たちがそう思い、ああしたり、こうしたりと糸が絡まるようにもがき苦しんで自分自身を見失っていく。ところが久保俊寛の作品を見ていると、それらは嘘のように消え、日常の意識や想像を一つの世界に結晶させる力がある。人間には古くから心の中に考えや感情を引き起こす「虫」がいると言われている。「虫が知らせる」「虫が好かない」「虫の居所が悪い」「腹の虫が納まらない」などの言葉を思い浮かべるだけでそのことが分る。「虫も殺さぬ顔」という言葉もあるように「虫」にはあまり良いイメージはない。だが久保俊寛は、その「虫」を自家薬籠中の物にしている。今回、千葉市で「久保俊寛『虫むし』」展を観た。約200体の「虫」をマッチ棒とゴミとして捨てられる筈であった煙草の空箱、使い捨てのライター、紙屑や魚の骨などを組み合わせて作品を生み出している。それらのオブジェ作品は物質化されたガラクタのオモチャ箱のような空想の質感があり、まるで一つの「天体」であると言える。人間が日常失いがちな生活や人生のひとかけらが「星」や「月」の煌めきのように輝いているのだ。これは久保俊寛の強い意志と持続力があって「意味を持つ作品」になっている。

久保俊寛は、ユニークな宇宙観と異端的なエロティシズム哲学を持った作家・稲垣足穂と同質なものを持っていると私は感じている。「夜空で光る星や月が、ぴかぴかの紙やブリキでできているんだとしたらこの世はにぎやかで面白いだろう」。その星や月を「虫」に、ブリキをマッチ棒に置き換えると久保さんのオブジェが夜空でキラキラと輝いている。

稲垣足穂の『一千一秒物語』という作品の中に「見てきたようなことを云う人」がある。

「きみはあの月も 星も あんなものが本当にあると思っているのかい」
とある夜ある人が云った。
「うん そうだよ」
自分がうなずくと
「ところがだまされているんだ あの天は実は黒いボール紙で そこに月や星型のブリキが貼りつけてあるだけさ」
「じゃ月や星はどういうわけで動くかい」
自分が問いかえすと
「そこがきみ からくりさ」

その人はこう云ってカラカラと笑った 気がつくとたれもいなかったので オヤと思って上を仰ぐと 縄梯子の端がスルスルと星空へ消えて行った。

久保俊寛の「虫むし」の世界に通じている。久保さんは、いつか「夢死」という夢のように一生を送り、マッチ棒が燃え尽きると何もない世界へ帰っていくのだろうか。

(山田歩)

次回もお楽しみに!

久保俊寛個展開催のお知らせ、あるくの从作家見聞記|No.10 久保俊寛「虫むし」展 はコメントを受け付けていません。

カテゴリー: あるくの人人作家見聞記, 人人会ほっとにゅ〜す, 人人会関連作家の活動紹介